【中学英語】受け身(受動態)の文法は「be動詞」が大切!【肯定・疑問・否定文をわかりやすく解説】

受け身(受動態)のルール・文法がイマイチ理解できていない

受け身(受動態)の肯定文・疑問文・否定文の作り方がごっちゃになってしまう

他の文法との違いが分からずいつも混乱してしまう

こういった悩みをお持ちの人に向けて、この記事を書きました。

受け身(be動詞 + 過去分詞)」の文法は、確かに紛らわしく混乱しがちですが、実は 受け身をマスターするために押さえるべきポイントはたった1つ です。

 

今回の記事を読めば、

  • 受け身(受動態)の作り方・ポイント
  • 受け身(受動態)の肯定文・疑問文・否定文
  • 受け身(受動態)の過去形・未来形

これらの知識がガッチリ身につくはずです。

 

基礎の基礎から、丁寧にわかりやすく解説していきます。

英語の「受け身(受動態)」を一緒にマスターしましょう!

【英文法】受け身・受動態(be動詞 + 過去分詞)とは

受け身・受動態(be動詞 + 過去分詞)

受け身(受動態)とは、「be動詞 + 過去分詞」の形で、「〜される」という意味になる文法です。

 

例えば、

She is loved by many people.(彼女はたくさんの人々に愛されています。)

English is spoken in UK.(イギリスでは英語が話されます。)

のような使い方です。

過去分詞について

過去分詞 は、受け身(受動態)現在完了形 などの文法で使われる動詞の形のことです。

動詞は、原形 → 過去形 → 過去分詞形 の変化のしかたによって「規則動詞」と「不規則動詞」に分けられます。

規則動詞

規則動詞の 過去分詞形 の作り方には、以下の3パターンがあります。

  1. ふつうは「ed」をつける
  2. e で終わる語は「d」だけつける
  3. 短母音 + 子音字 で終わる語は、子音字を重ねて「ed」をつける
  4. 子音字 + y で終わる語は、y を i に変えて「ed」をつける

 

①の例:

  • play → played
  • enjoy → enjoyed
  • watch → watched

 

②の例:

  • use → used
  • like → liked
  • prepare → prepared

 

③の例:

  • stop → stopped
  • plan → planned
  • wrap → wrapped

※ 短母音(a、i、u、e、oの音で、短く発音するもの。「音を伸ばさない母音」と考えるとわかりやすい)

子音字(a、i、u、e、o以外の文字すべて)→ 重ねて「ed」をつける

 

④の例:

study → studied

子音字 + y で終わる語 → yi に変えて「ed」をつける

不規則動詞

不規則動詞の 過去分詞形 は、しっかり暗記しておく必要があります。

英語の教科書の最後の方に、「不規則動詞 変化表」というものがあるので、それを使って完璧に覚えておきましょう。

覚え方のコツとしては、

「話す speak – spoke – spoken(スピーク スポーク スポークン)」

のように、

「意味 原形 – 過去形 – 過去分詞形(それぞれ発音しながら)」

を1セットとして、リズムよく暗記しましょう。

【重要】受け身(受動態)は「be動詞」がカギ!

受け身(受動態)をマスターする上で最も重要なポイントは、

受け身(受動態) は「be動詞の文」と同じだと考える!

ということです。

 

例えば、先ほどの

She is loved by many people.(彼女はたくさんの人々に愛されています。)

でいうと、

  • S(主語)→ She
  • V(動詞)→ is

と見なすということです。

 

なお、「be動詞」を復習したい人はこちら。

関連記事

be動詞のルール(文法)がいまいち理解できていない 肯定文・疑問文・否定文の作り方がいつも分からなくなる 一般動詞のルール(文法)とこんがらがってしまう こういった悩みを持っている人に向けて、今回の記事を書きました。 &[…]

【中学英語】be動詞のルールはこれだけ!肯定・疑問・否定文を完全マスター

受け身(受動態)の文法はこれだけ!

受け身(受動態)を使った肯定文・疑問文・否定文の作り方を解説します。

話をわかりやすくするために、現在形の場合だけで説明します。

  • 肯定文: S + be動詞 + 過去分詞〜 . (Sは〜されます。)
  • 疑問文be動詞 + S + 過去分詞〜 ? (Sは〜されますか。)
  • 否定文: S + be動詞 not + 過去分詞〜 . (Sは〜されません。)

※ S、V は以下の通り。

S:主語(〜が・は)

V:動詞(〜する・である)→ 今回は be動詞 の現在形(is, am, are)

 

簡単な例を挙げると、

  • 肯定文: It is made in Japan.(それは日本で作られています。)
  • 疑問文 Is it made in Japan?(それは日本で作られていますか。)
  • 否定文: It is not made in Japan.(それは日本で作られていません。)

上記のルール通りに、受け身の文が作られているのがわかると思います。

それぞれ詳しく解説していきます。

受け身(受動態)の肯定文

受け身(受動態)の肯定文」は以下の語順になります。

S + be動詞 + 過去分詞〜 . (Sは〜されます。)

「主語 + be動詞 + 過去分詞」の順番で文を始めます。

【例】受け身(受動態)の肯定文

(1) I am called Ken.(私はケンと呼ばれています。)

(2) They are made in Japan.(それらは日本で作られています。)

(3) English is spoken in Singapore.(シンガポールでは英語が話されています。)

受け身(受動態)の疑問文

受け身(受動態)の疑問文」は以下の語順になります。

be動詞 + S + 過去分詞〜 ? (Sは〜されますか。)

受け身(受動態)の 肯定文 → 疑問文 に書き換えるには、

  1. be動詞 を S(主語)の前にもってくる
  2. 文の終わりを「?」(クエスチョンマーク)にする

の手順でOK。

【例】受け身(受動態)の 肯定文 → 疑問文

受け身(受動態)の肯定文を、疑問文に書き換える練習をしてみましょう。

(1) I am called Ken.(私はケンと呼ばれています。)

Am I called Ken?(私はケンと呼ばれていますか。)

 

(2) They are made in Japan.(それらは日本で作られています。)

Are they made in Japan?(それらは日本で作られていますか。)

 

(3) English is spoken in Singapore.(シンガポールでは英語が話されています。)

Is English spoken in Singapore?(シンガポールでは英語が話されていますか。)

 

先ほど説明した手順①、②に従えば大丈夫です。

受け身(受動態)の否定文

受け身(受動態)の否定文」は以下の語順になります。

S + be動詞 not + 過去分詞〜 . (Sは〜されません。)

受け身(受動態)の 肯定文 → 否定文 に書き換えるには、

be動詞 のすぐ後ろに not を入れる」

だけで完了です。

【例】受け身(受動態)の 肯定文 → 否定文

受け身(受動態)の肯定文を、否定文に書き換える練習をしてみましょう。

(1) I am called Ken.(私はケンと呼ばれています。)

→ I am not [I’m not] called Ken.(私はケンと呼ばれていません。)

 

(2) They are made in Japan.(それらは日本で作られています。)

→ They are not [aren’t] made in Japan.(それらは日本で作られていません。)

 

(3) English is spoken in Singapore.(シンガポールでは英語が話されています。)

→ English is not [isn’t] spoken in Singapore.(シンガポールでは英語が話されていません。)

 

先述の「 be動詞 のすぐ後ろに not を入れる」というルールそのままですね。

受け身(受動態)の過去形はカンタン!

ここまでは「受け身(受動態)の現在形」を学んできましたが、「過去形」の場合はどうなるのでしょうか?

受け身(受動態)の過去形」は、 be動詞 を過去形にする だけです。

  • 肯定文: S + be動詞 + 過去分詞〜 . (Sは〜されました。)
  • 疑問文be動詞 + S + 過去分詞〜 ? (Sは〜されましたか。)
  • 否定文: S + be動詞 not + 過去分詞〜 . (Sは〜されませんでした。)

※ S、V は以下の通り。

S:主語(〜が・は)

V:動詞(〜する・である)→ 今回は be動詞 の過去形(was, were)

【例】受け身(受動態)の過去形

「受け身(受動態)の過去形」の肯定文を、疑問文・否定文に書き換えてみます。

(1) I was called Ken.(私はケンと呼ばれていました。)

→ 疑問文:Was I called Ken?(私はケンと呼ばれていましたか。)

→ 否定文:I was not called Ken.(私はケンと呼ばれていませんでした。)

 

(2) They were made in Japan.(それらは日本で作られました。)

→ 疑問文:Were they made in Japan?(それらは日本で作られましたか。)

→ 否定文:They were not made in Japan.(それらは日本で作られませんでした。)

 

(3) English was spoken in the class.(そのクラスでは英語が話されました。)

→ 疑問文:Was English spoken in the class?(そのクラスでは英語が話されましたか。)

→ 否定文:English was not spoken in the class.(そのクラスでは英語が話されませんでした。)

参考:受け身(受動態)の未来形

「受け身(受動態)の未来形」では、助動詞 will が登場します。

なので、肯定文・疑問文・否定文の作り方も 助動詞の文と同じ と考えるとスッキリ理解できます。

  • 肯定文: S + will be + 過去分詞〜 . (Sは〜されるでしょう。)
  • 疑問文Will + S + be + 過去分詞〜 ? (Sは〜されるでしょうか。)
  • 否定文: S + will not be + 過去分詞〜 . (Sは〜されないでしょう。)

※ 助動詞「will」があるので、be動詞は原形

【例】受け身(受動態)の未来形

「受け身(受動態)の未来形」の肯定文を、疑問文・否定文に書き換えてみます。

肯定文:He will [He’ll] be invited to the party.(彼はパーティーに招待されるでしょう。)

→ 疑問文:Will he be invited to the party?(彼はパーティーに招待されるでしょうか。)

→ 否定文:He will not [won’t] be invited to the party.(彼はパーティーに招待されないでしょう。)

 

「助動詞の文」と見なすことで、文の書き換えもシンプルになりました。