【中学英語】進行形の文法は「be動詞」がカギ【肯定・疑問・否定文をわかりやすく解説】

進行形のルール(文法)がちゃんと理解できていない

進行形の肯定文・疑問文・否定文の作り方がよくわからない

現在進行形・過去進行形の違いが分からずいつも混乱してしまう

この記事では、こういった悩みをバッチリ解決します。

進行形(be動詞 + ing)」の文法は、他のものとごっちゃになってしまいがちですが、実は ある1つのポイントを押さえるだけでスッキリ理解 できるようになります。

 

今回の記事を読めば、

  • 進行形(be動詞 + ing)の作り方・ポイント
  • 現在進行形の肯定文・疑問文・否定文
  • 過去進行形の肯定文・疑問文・否定文

の知識が身につきます。

 

基本から丁寧にわかりやすく解説していきます。

それでは、英語の「進行形」を一緒にマスターしましょう!

【英文法】進行形(be動詞 + ing)とは

【英文法】進行形とは

進行形 とは、「be動詞 + ing」の形で、「〜している」という意味になる文法です。

「今まさに〜しているところだ」というニュアンスを表せるわけですね。

 

例えば、

He is playing soccer now.(彼は今サッカーをしています。)

We are studying English now.(私たちは今英語を勉強しています。)

のように使います。

「現在分詞(ing形)」の作り方

動詞の「現在分詞(ing形)」の作り方には、以下の3パターンがあります。

  1. ふつうは「ing」をつけるだけ
  2. e で終わる語は、e をとって「ing」をつける
  3. 短母音 + 子音字 で終わる語は、子音字を重ねて「ing」をつける

 

①の例:

  • play → playing
  • watch → watching
  • study → studying など

 

②の例:

  • take → taking
  • make → making
  • use → using など

※ e をとって「ing」をつける

 

③の例:

  • run → running
  • swim → swimming
  • put  → putting など

※ 短母音(a、i、u、e、oの音で、短く発音するもの。「音を伸ばさない母音」と考えるとわかりやすい)

子音字(a、i、u、e、o以外の文字すべて)→ 重ねて ing をつける

【重要】進行形の文法は「be動詞」がカギ!

進行形をマスターする上で最も重要なポイントは、

進行形 は「be動詞の文」と同じだと考える!

ということです。

 

例えば、先ほどの

He is playing soccer now.(彼は今サッカーをしています。)

でいうと、

  • S(主語)→ He
  • V(動詞)→ is

と見なすということです。

 

なお、「be動詞」を復習したい人はこちら。

関連記事

be動詞のルール(文法)がいまいち理解できていない 肯定文・疑問文・否定文の作り方がいつも分からなくなる 一般動詞のルール(文法)とこんがらがってしまう こういった悩みを持っている人に向けて、今回の記事を書きました。 &[…]

【中学英語】be動詞のルールはこれだけ!肯定・疑問・否定文を完全マスター

「現在進行形(〜している)」の文法はこれだけ!

「進行形(be動詞 + ing)」の be動詞 が、現在形(is, am, are)のものを 現在進行形 と言います。

意味は「〜している」です。

 

まずは、現在進行形の 肯定文・疑問文・否定文の作り方を見ていきましょう。

  • 肯定文: S + be動詞 + 〜ing .(Sは〜しています。)
  • 疑問文be動詞 + S + 〜ing ? (Sは〜していますか。)
  • 否定文: S + be動詞 not + 〜ing . (Sは〜していません。)

※ S、Vは以下の通り。

S:主語(〜が・は)

V:動詞(〜する・である)→ 今回は be動詞 の現在形(is, am, are)

 

例を挙げると、

  • 肯定文: He is playing tennis.(彼はテニスをしています。)
  • 疑問文 Is he playing tennis?(彼はテニスをしていますか。)
  • 否定文: He is not playing tennis.(彼はテニスをしていません。)

それぞれ詳しく解説していきます。

現在進行形の肯定文

現在進行形の肯定文」は以下の語順になります。

S + be動詞 + 〜ing . (Sは〜しています。)

「主語 + be動詞 + 現在分詞(ing)」の順番で文を始めます。

【例】現在進行形の肯定文

(1) I am using a computer now.(私は今コンピューターを使っています。)

(2) You are enjoying a party.(あなたはパーティーを楽しんでいます。)

(3) She is driving a car.(彼女は車を運転しています。)

現在進行形の疑問文

現在進行形の疑問文」は以下の語順になります。

be動詞 + S + 〜ing ? (Sは〜していますか。)

現在進行形の 肯定文 → 疑問文 に書き換えるには、

  1. be動詞 を主語の前にもってくる
  2. 文の終わりを「?」(クエスチョンマーク)にする

の手順でOK。

【例】現在進行形の 肯定文 → 疑問文

現在進行形の肯定文を、疑問文に書き換える練習をしてみましょう。

(1) I am using a computer now.(私は今コンピューターを使っています。)

Am I using a computer now? (私は今コンピューターを使っていますか。)

 

(2) You are enjoying a party.(あなたはパーティーを楽しんでいます。)

Are you enjoying a party?(あなたはパーティーを楽しんでいます。)

 

(3) She is driving a car.(彼女は車を運転しています。)

Is she driving a car?(彼女は車を運転しています。)

 

書き換えたのは、先ほど説明した手順①、②だけですね。

それ以外の部分はいじっていません。

現在進行形の否定文

現在進行形の否定文」は以下の語順になります。

S + be動詞 not + 〜ing . (Sは〜していません。)

現在進行形の 肯定文 → 否定文 に書き換えるには、

be動詞 のすぐ後ろに not を入れる」

だけで完了です。

【例】現在進行形の 肯定文 → 否定文

現在進行形の肯定文を、否定文に書き換える練習をしてみましょう。

(1) I am using a computer now.(私は今コンピューターを使っています。)

→ I am not [I’m not] using a computer now.(私は今コンピューターを使っていません。)

 

(2) You are enjoying a party.(あなたはパーティーを楽しんでいます。)

→ You are not [aren’t] enjoying a party.(あなたはパーティーを楽しんでいません。)

 

(3) She is driving a car.(彼女は車を運転しています。)

→ She is not [isn’t] driving a car.(彼女は車を運転していません。)

 

先ほど説明した「 be動詞 のすぐ後ろに not を入れる」というルールをそのまま使えばOKです。

 

※短縮形について

・I am not → I’m not

・You are not → You aren’t /  You’re not

・She is not → She isn’t / She’s not

でもOK!

「過去進行形(〜していた)」の文法はこれだけ!

次に、過去進行形の説明です。

「進行形(be動詞 + ing)」の be動詞 が、過去形(was, were)のものを 過去進行形 と言います。

意味は「〜していた」です。

 

過去進行形の 肯定文・疑問文・否定文の作り方を見ておきます。

基本的なルールは、現在進行形とまったく一緒です。

  • 肯定文: S + be動詞 + 〜ing . (Sは〜していました。)
  • 疑問文be動詞 + S 〜ing ? (Sは〜していましたか。)
  • 否定文: S + be動詞 not + 〜ing . (Sは〜していませんでした。)

※ S、Vは以下の通り。

S:主語(〜が・は)

V:動詞(〜する・である)→ 今回は be動詞 の過去形(was, were)

 

例を挙げると、

  • 肯定文: He was playing tennis.(彼はテニスをしていました。)
  • 疑問文 Was he playing tennis?(彼はテニスをしていましたか。)
  • 否定文: He was not playing tennis.(彼はテニスをしていませんでした。)

しっかり解説していきます。

過去進行形の肯定文

過去進行形の肯定文」は以下の語順になります。

S + be動詞 + 〜ing . (Sは〜していました。)

「主語 + be動詞 + 現在分詞(ing)」の順番で文を始めます。

【例】過去進行形の肯定文

(1) I was using a computer then.(私はそのときコンピューターを使っていました。)

(2) You were enjoying a party last night.(あなたは昨夜パーティーを楽しんでいました。)

(3) She was driving a car yesterday.(彼女は昨日車を運転していました。)

 

※ 「過去」を表す単語・熟語

  • then「そのとき」(= at that time)
  • last night「昨夜」
  • last Friday「先週の金曜日」
  • yesterday「昨日」 など

過去進行形の疑問文

過去進行形の疑問文」は以下の語順になります。

be動詞 + S 〜ing ? (Sは〜していますか。)

過去進行形の 肯定文 → 疑問文 に書き換えるには、

  1. be動詞 を主語の前にもってくる
  2. 文の終わりを「?」(クエスチョンマーク)にする

の手順でOK。

【例】過去進行形の 肯定文 → 疑問文

過去進行形の肯定文を、疑問文に書き換える練習をしてみましょう。

(1) I was using a computer then.(私はそのときコンピューターを使っていました。)

Was I using a computer then? (私はそのときコンピューターを使っていましたか。)

 

(2) You were enjoying a party last night.(あなたは昨夜パーティーを楽しんでいました。)

Were you enjoying a party last night?(あなたは昨夜パーティーを楽しんでいました。)

 

(3) She was driving a car yesterday.(彼女は車を運転していました。)

Was she driving a car yesterday?(彼女は昨日車を運転していました。)

 

書き換えたのは、先ほど説明した手順①、②だけですね。

それ以外の部分はいじっていません。

過去進行形の否定文

過去進行形の否定文」は以下の語順になります。

S + be動詞 not + 〜ing . (Sは〜していませんでした。)

過去進行形の 肯定文 → 否定文 に書き換えるには、

be動詞 のすぐ後ろに not を入れる」

だけで完了です。

【例】過去進行形の 肯定文 → 否定文

過去進行形の肯定文を、否定文に書き換える練習をしてみましょう。

(1) I was using a computer then.(私はそのときコンピューターを使っていました。)

→ I was not [wasn’t] using a computer then.(私はそのときコンピューターを使っていませんでした。)

 

(2) You were enjoying a party last night.(あなたは昨夜パーティーを楽しんでいました。)

→ You were not [weren’t] enjoying a party last night.(あなたは昨夜パーティーを楽しんでいませんでした。)

 

(3) She was driving a car yesterday.(彼女は昨日車を運転していました。)

→ She was not [wasn’t] driving a car yesterday.(彼女は昨日車を運転していませんでした。)

 

先ほど説明した「 be動詞 のすぐ後ろに not を入れる」というルールをそのまま使えばOKです。

以上で、進行形の説明は終わりになります。

参考:現在進行形と現在形のちがい

現在進行形」と「現在形」は名前が似ていますが、ニュアンスや使いどころが異なるので要注意です。

  • 現在進行形:今まさに「進行中のこと」を表す
  • 現在形:「習慣」などを表す

 

具体例を挙げると、

現在進行形: I am swimming in a pool.(私はプールで泳いでいます。)

→ 「今まさに」プールで泳いでいるところだ

現在形: I swim in a pool.(私はプールで泳ぎます。)

→ プールで泳ぐという「習慣」がある(例:everyday、after school、often)

というような違いがあります。