【中学英語】疑問詞で始まる疑問文の作り方をわかりやすく解説!【7W1H 完全マスター】

疑問詞で始まる疑問文の作り方をわかりやすく教えてほしい!

疑問詞の後ろがどんな順番になるのか、いつも混乱してしまう・・・

疑問詞が主語になるときは、語順はどうなるの?

こういった悩みをお持ちの人に向けて、今回の記事を書きました。

 

この記事を読めば、

  • 疑問詞(7W1H)の種類・意味
  • 疑問詞で始まる疑問文の作り方

が、ひと通り学べるようになっています。

 

テストに出やすい英語表現 も紹介しているので、しっかりチェックしておきましょう!

 

疑問詞とは?(7W1H)

日本語における 5W1H は、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」ですが、

中学英語における「疑問詞」は、これらに「誰の」「どちら」を加えた 7W1H になります。

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰が)
  • Whose(誰の)
  • What(何)
  • Which(どちら)
  • Why(なぜ)
  • How(どのように)

※ 高校英語からは「Whom(誰を)」が加わります。

「疑問詞」で始まる疑問文の作り方

さっそく 疑問詞で始まる疑問文の作り方 を説明します。

まずは基本のルールをしっかり覚えてください。

疑問詞 + 疑問文の語順 〜?

以上です。

なんだそれだけか、と思ったかもしれませんね。

でも、いざ問題を解こうとする時にこの基本ルールを忘れてしまう人が、意外なほど多くいます。

 

大切なことなのでもう一度言います。

疑問詞で始まる疑問文の作り方 は、

  • 疑問詞 を文頭(一番前)に置く
  • その後ろは 疑問文の語順

です。

例外:疑問詞が主語になるパターン

ただし、「疑問詞が主語になるパターン」は例外で、

  1. 肯定文と同じ語順
  2. 文尾を「?」にする

というルールがあります。

 

例えば、

Who cooked this cake?(誰がこのケーキを作りましたか。)

My mother did.(私の母が作りました。)

この疑問文だと、

  • S(主語)= Who(誰が)
  • V(動詞)= cooked(作りました)

という考え方をします。

【復習】疑問文の作り方

ところで、あなたは「疑問文の語順」を自信を持って答えられますか?

疑問文の作り方は、中1・中2の範囲までなら「be動詞」「一般動詞」「助動詞の文」の3パターンしかありません。

う〜ん、ちょっと自信がないな・・・という人は、こちらを読んでください。

関連記事

英語の疑問文の作り方がイマイチ理解できていない 中学のテストで英作文の問題が出たら、うわ〜無理だ〜と思ってしまう 疑問文を作るときのルール・文法をわかりやすく解説してほしい! こういった悩みを持っている人に向けて、この記事を書[…]

【中学英語】疑問文の作り方をはじめから丁寧にわかりやすく解説!【完全保存版】

 

ここからは、それぞれの疑問詞(7W1H)の使い方について解説していきます。

When(いつ)

When(いつ)は、「」をたずねる疑問詞です。

 

(1) When is your birthday?(あなたの誕生日はいつですか。)(いつ)<be動詞の文>

ー It is August 2nd.(8月2日です。)

この疑問文は、

  • S(主語)= your birthday
  • V(動詞)= is

be動詞の文なので、「疑問詞 + V + S 〜?」の形になります。

 

(2) When do you practice Judo?(あなたはいつ柔道を練習しますか。)<一般動詞の文>

On Wednesday and Saturday.(水曜日と土曜日です。)

この疑問文は、

  • S = you
  • V = practice

一般動詞の文なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の形になります。

 

(3) When will you visit Kyoto?(あなたはいつ京都に滞在するつもりですか。)<助動詞の文>

Next month.(来月です。)

この疑問文は、

  • S = you
  • V = visit

助動詞の文なので、「疑問詞 + 助動詞 + S + V 〜?」の形になります。

Where(どこで・に)

Where(どこで・に)は、「場所」をたずねる疑問詞です。

 

(1) Where are you from ?(あなたはどこの出身ですか。)<be動詞の文>

ー I am from Japan.(私は日本出身です。)

この疑問文は、

  • S(主語)= you
  • V(動詞)= are

be動詞の文なので、「疑問詞 + V + S 〜?」の形になります。

 

(2) Where does he live?(彼はどこに住んでいますか。)<一般動詞の文>

ー He lives in Tokyo.(私は東京に住んでいます。)

この疑問文は、

  • S = he
  • V = live

一般動詞の文なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の形になります。

 

(3) Where would you like to go?(あなたはどこへ行きたいですか。)<助動詞の文>

ー I would like to go to Nagoya.(私は名古屋へ行きたいです。)

この疑問文は、

  • S = you
  • V = like

助動詞の文なので、「疑問詞 + 助動詞 + S + V 〜?」の形になります。

Who(誰が・を・に)

Who(誰が・を・に)は、「」をたずねる疑問詞です。

 

(1) Who is that girl?(あの女の子はですか。)<be動詞の文>

ー She is Eri.(彼女はエリです。)

この疑問文は、

  • S(主語)= that girl
  • V(動詞)= is

be動詞の文なので、「疑問詞 + V + S 〜?」の形になります。

 

(2) Who broke this vase?(誰がこの花瓶を壊しましたか。)<一般動詞の文 / 疑問詞が主語>

Kenta did.(ケンタが壊しました。)

この疑問文は「疑問詞が主語になるパターン」です。

なので、肯定文と同じ語順「S + V 〜?」になります。

  • S = Who
  • V = broke

ということですね。

 

これに対する答え方は、

  • Who(誰が) → 具体的な人(Kenta)
  • broke(壊した) → did(した:doの過去形)

のように答えます。

 

(3) Who is playing the piano?(誰がピアノを弾いていますか。)<be動詞の文 / 疑問詞が主語>

Yoshiki is.(ヨシキが弾いています。)

これも「疑問詞が主語」のパターンです。

  • S = Who
  • V = is

と考えましょう。

Whose(誰の・誰のもの)

ここは少しだけ注意が必要です。

Whose の意味は「誰の〜」「誰のもの」の2つあります。

それぞれの違いを確認しましょう。

Whose 〜(誰の〜)

(1) Whose bag is this?(これは誰のバッグですか。)<be動詞の文>

ー It’s mine.(それは私のです。)

この疑問文は

  • 疑問詞 = Whose bag(2語で1セット)
  • S(主語)= this
  • V(動詞)= is

と考えましょう。

be動詞の文なので「疑問詞 + V + S 〜?」の語順ですね。

 

答えるときは「〜のもの」の形で。

  • mine(私のもの)
  • yours(あなたのもの・あなたたちのもの)
  • his(彼のもの)
  • hers(彼女のもの)
  • ours(私たちのもの)
  • theirs(彼らのもの)
  • Ken’s(ケンのもの)
  • my brother’s(私の兄[弟]のもの)

のように答えます。

Whose(誰のもの)

(2) Whose is this bag?(このバッグは誰のものですか。)<be動詞の文>

ー It’s Takashi’s.(それはタカシのです。)

この場合、

  • 疑問詞 = Whose
  • S = this bag
  • V = is

です。

先ほどと同じく、be動詞の文なので「疑問詞 + V + S 〜?」の語順です。

 

(1)と(2)の英語・日本語訳の違いがしっかり区別できましたか?

微妙に意味が異なるので、注意しておきましょう。

What(何が・を)

次は、What(何が・を)です。

What(何が・を)

(1) What are you doing now?(あなたは今何をしていますか。)<be動詞の文>

ー I am studying English now.(私は今英語を勉強しています。)

この疑問文は、

  • S(主語)= you
  • V(動詞)= are

be動詞の文なので、「疑問詞 + V + S 〜?」の形になります。

 

(2) What does she like?(彼女は何が好きです。)<一般動詞の文>

ー She likes cats.(彼女は猫が好きです。)

この疑問文は、

  • S = she
  • V = like

一般動詞の文なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の形になります。

 

(3) What should we do?(私たちは何をするべきですか。)<助動詞の文>

ー You should clean the classroom.(あなたたちは教室を掃除するべきです。)

この疑問文は、

  • S = we
  • V = do

助動詞の文なので、「疑問詞 + 助動詞 + S + V 〜?」の形になります。

What 〜(どんな〜・何の〜)

what 〜 には「どんな〜何の〜」という意味もあります。

  • What time(何時)
  • What color(何色)
  • What subject(どの教科)
  • What sport(どんなスポーツ)
  • What club(何のクラブ)
  • What animal(どんな動物)
  • What kind of 〜(どんな種類の〜)

といった表現がよく使われます。

 

(1) What time is it now?(今何時ですか。)<be動詞の文>

ー It is five o’clock now.(今は5時です。)

この疑問文は、

  • 疑問詞 = What time(2語で1セット)
  • S = it
  • V = is

と見なします。

 

(2) What subject do you like?(あなたはどの教科が好きですか。)<一般動詞の文>

ー I like English.(私は英語が好きです。)

この疑問文は <一般動詞の文> なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の語順です。

 

(3) What sport can we enjoy in this gym?(この体育館ではどんなスポーツが楽しめますか。)<助動詞の文>

ー We can enjoy basketball and volleyball.(バスケットボールとバレーボールが楽しめます。)

この疑問文は <助動詞の文> なので、「疑問詞 + 助動詞 + S + V 〜?」の語順です。

 

(4) What kind of movies are you interested in?(あなたはどんな種類の映画に興味がありますか。)<be動詞の文>

ー I am interested in comedy and horror.(私はコメディーとホラー映画に興味があります。)

この疑問文は、

  • 疑問詞 = What kind of movies(4語で1セット)
  • S = you
  • V = are

と見なします。

【語句】

□ be interested in 〜(〜に興味がある)

Which(どちら・どれ)

Which には、「どちら」「どれ」の2つ意味があります。

違いは、

  • 2つのもの → どちら
  • 3つ以上のもの → どれ

というだけですね。

 

(1) Which bag is hers?(どちらのバッグが彼女のですか。)<be動詞の文 / 疑問詞が主語>

The yellow one is. / Hers is the yellow one.(黄色の方です。)

これは「疑問詞が主語」タイプです。

  • S(主語)= Which bag(2語で1セット)
  • V(動詞)= is

と考えましょう。

※ the yellow one = the yellow bag を指します。

 

(2) Which do you like, dogs or cats?(あなたは犬と猫どちらが好きですか。)<一般動詞の文>

ー I like both.(私は両方好きです。)

この疑問文は、

  • S = you
  • V = like

一般動詞の文なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の形になります。

 

(3) Which fruit can I eat?(私はどのフルーツを食べていいですか。) <助動詞の文>

ー You can eat anything.(どれでも食べていいですよ。)

この疑問文は、

  • S = I
  • V = eat

助動詞の文なので、「疑問詞 + 助動詞 + S + V 〜?」の形になります。

 

(4) Which dog ate the bone?(どちらの犬が骨を食べましたか。)<一般動詞の文 / 疑問詞が主語>

ー This dog did.(この犬です。)

この疑問文は「疑問詞が主語になるパターン」で、肯定文と同じ語順「S + V 〜?」です。

  • S = Which dog(どちらの犬が)
  • V = ate(食べました)

になります。

Why(なぜ)

Why(なぜ)は、「理由・原因」をたずねる疑問詞です。

 

「Why 〜?」の質問に対する答え方は、

  • Because 〜.(〜だから)
  • To 〜.(〜するため)[不定詞の副詞的用法]

などの形で、理由・原因を答えます。

 

(1) Why are you standing here?(なぜあなたはここに立っているのですか。)<be動詞の文>

To see Mr.Suziki.(鈴木先生に会うためです。)

この疑問文は、

  • S(主語)= you
  • V(動詞)= are

be動詞の文なので、「疑問詞 + V + S 〜?」の形になります。

 

(2) Why do you like soccer?(なぜあなたはサッカーが好きなのですか。)<一般動詞の文>

Because it’s so exciting.(それはとてもわくわくするからです。)

この疑問文は、

  • S = you
  • V = like

一般動詞の文なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の形になります。

 

(3) Why will you visit Fukuoka next week?(なぜあなたは来週京都を訪れる予定なのですか。)<助動詞の文>

Because my uncle lives there.(私のおじがそこに住んでいるからです。)

この疑問文は、

  • S = you
  • V = visit

助動詞の文なので、「疑問詞 + 助動詞 + S + V 〜?」の形になります。

How(どう・どのように)

次は、How(どう・どのように)です。

How(どう・どのように)

(1) How is the weather today?(今日の天気はどうですか。)<be動詞の文>

ー It’s sunny today.(今日は晴れです。)

この疑問文は、

  • S(主語)= the weather
  • V(動詞)= is

be動詞の文なので、「疑問詞 + V + S 〜?」の形になります。

 

(2) How do you study English?(あなたはどのように英語を勉強しますか。)<一般動詞の文>

ー I listen to an English program every day.(私は毎日英語の番組を聞きます。)

この疑問文は、

  • S = you
  • V = study

一般動詞の文なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の形になります。

 

(3) How will the weather be tomorrow?(明日の天気はどうですか。)<助動詞の文>

ー It will be rainy tomorrow.(明日はでしょう。)

この疑問文は、

  • S = the weather
  • V = be

助動詞の文なので、「疑問詞 + 助動詞 + S + V 〜?」の形になります。

How 〜(どのくらい〜)

How 〜 には「どのくらい〜」という意味もあります。

よく使われる表現としては、

  • How much(いくら)
  • How many 〜(いくつの〜)
  • How long(どのくらいの間)
  • How far(どのくらいの距離)
  • How often(どのくらいの頻度)
  • How soon(どのくらい早く)

などがあります。

(1) How much is this T-shirt?(このTシャツはいくらですか。)<be動詞の文>

ー It’s two thousand yen.(それは2千円です。)

この疑問文は <be動詞の文> なので、「疑問詞 + V + S 〜?」の語順です。

 

(2) How many pens do you have?(あなたは何本のペンがありますか。)<一般動詞の文>

ー I have four pens.(私はペンが4本あります。)

この疑問文は <一般動詞の文> なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の形になります。

 

(3) How many days a week do you work?(あなたは週に何日働きますか。)<一般動詞の文>

ー Five days.(5日間です。)

この疑問文は <一般動詞の文> なので、「疑問詞 + do [does] + S + V 〜?」の形になります。

【語句】

□ How many days a week(1週間につき何日)

 

(4) How long will you stay in Nara?(あなたはどのくらいの間奈良に滞在するつもりですか。)<助動詞の文>

ー I will stay there for three days.(私は3日間そこに滞在するつもりです。)

この疑問文は <助動詞の文> なので、「疑問詞 + 助動詞 + S + V 〜?」の形になります。

疑問詞で始まる疑問文【よく出る問題】

「疑問詞で始まる疑問文」の問題 を特訓したい人はこちら。

中1英語:疑問詞で始まる疑問文の問題(25題)

関連記事

中1英語の「疑問詞で始まる疑問文」がイマイチわからない 疑問文の問題をたくさん解いて慣れておきたい 疑問詞の使い方をわかりやすく教えてほしい! 今回の記事は、こういった悩みを解決します。   この記事には[…]

【中1英語】疑問詞で始まる疑問文【よく出る問題25選】(詳しい解説つき)

中2英語:疑問詞で始まる疑問文の問題

リンク準備中

参考:疑問文の作り方【よく出る問題】

疑問詞で始まらない(普通の)「疑問文の作り方」の問題 を特訓したい人はこちら。

中1英語:疑問文の英訳問題(15題)

関連記事

中1英語の疑問文を作る問題をたくさん解きたい 疑問文の作り方がマスターできるようにわかりやすく解説してほしい 英語のテストによく出る疑問文の問題を教えてほしい! 今回の記事はこういった要望に応えます。   […]

【中1英語】疑問文の作り方をマスターしよう! よく出る問題15選(詳しい解説つき)

中2英語:疑問文の英訳問題(25題)

関連記事

中2英語の疑問文を作る問題をたくさん解きたい 疑問文の作り方がマスターできるようにわかりやすく解説してほしい 英語のテストによく出る疑問文の問題を教えてほしい! 今回の記事はこういった要望に応えます。   […]

【中2英語】疑問文の作り方をマスターしよう! よく出る問題30選(詳しい解説つき)